薬剤師の世界


「首相発言軽すぎる」=普天間未決着なら進退問う−改革・舛添氏(時事通信)

 新党改革の舛添要一代表は6日午後、国会内で記者団に対し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する鳩山由紀夫首相の一連の発言について「軽すぎる」と厳しく批判した。
 首相は昨年の衆院選前に移設先について「最低でも県外」などと発言したが、その後、正式な公約ではなかったと釈明。6日は記者団に「場当たりの発言はしてない」と語った。
 これに関し、舛添氏は「(沖縄県民は)首相になる予定の方の発言だと受け取った。(県民を)裏切ったことになるから非常に責任が重い」と指摘。また、普天間問題が5月末に決着しなかった場合の対応について「首相の進退問題になるだろう。解散して信を問うことも要求せざるを得ない状況になり得る」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
〔グラフィックス〕「第三極」の相関図

死亡装い5400万詐取=容疑で3人逮捕−警視庁(時事通信)
<強盗>1億3500万円入りバッグ奪われる…千葉・木更津(毎日新聞)
がんばれ!義肢ウミガメの悠ちゃん 神戸・須磨水族館(産経新聞)
<亀井金融相>郵政改革法案巡り、岡田外相とバトル(毎日新聞)
「参院選、楽観できぬ」=民主選対委長が首相に報告(時事通信)
[PR]
by qtm6nrxqq2 | 2010-05-13 04:49

<< <木村拓哉>和テイストの家具を...      「課題検討会」などで報告=5年... >>

薬剤師も厳しい時代になりました。
by qtm6nrxqq2
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧