薬剤師の世界


仙谷長官が荒井氏厳重注意、首相「使途不適切」(読売新聞)

 仙谷官房長官は14日、荒井国家戦略相の政治団体「荒井さとし政治活動後援会」(解散)が事務所経費に漫画雑誌の購入費などを計上していた問題で、首相官邸に荒井氏を呼び、厳重注意した。

 これに関し、同日の衆院本会議では、菅首相が「違法ではないが、政治資金の使い道として不適切な部分があったと聞いている」と述べ、荒井氏は「使途不明金が多いとか、表に出せない金を隠すため領収書が公開できないという問題とは本質的に違う」と釈明した。自民党の谷垣総裁、菅原一秀氏の質問に答えた。

13年度までに総合取引所=証券・商品先物を一体的に―新成長戦略(時事通信)
アスベスト被害で元従業員が造船会社を提訴(産経新聞)
東北厚生局 開示文書改ざん…厚労相「調査を指示」(毎日新聞)
荒井戦略相「辞任に値する」=事務所費問題報道で自民・石破氏(時事通信)
<菅首相>さっそく「イラ菅」発揮(毎日新聞)
[PR]
# by qtm6nrxqq2 | 2010-06-18 13:44


<CO中毒>ホテルの4人を書類送検 山口県警(毎日新聞)

 山口県美祢(みね)市のホテルで1人が死亡、5人が負傷した一酸化炭素(CO)中毒事故で、山口県警は7日、ホテルの総支配人だった北九州市門司区の男性(61)や美祢市のボイラー設置業者(67)ら4人を業務上過失致死傷容疑で山口地検に書類送検した。

 09年6月2日午後5時半ごろ、同市秋芳町の山口秋芳プラザホテル(現在は廃業)で、大阪府高槻市の小学校の修学旅行に同行していた京都府木津川市のカメラマン、川副浩明さん(当時26歳)がCO中毒死。男性教諭(50)や同行の看護師(24)ら5人がCO中毒による重軽傷を負った。県警は原因について、ボイラーの不完全燃焼で高濃度のCOが発生、煙突に金属製のふたがされていたためCOが排気管の亀裂から室内に漏れ出したとしている。

 容疑は、元総支配人について、事故発生前の09年4月18日、客室内を点検中の男性従業員がCO中毒とみられる症状で倒れる被害があったにもかかわらず、原因を調査しなかった▽北九州市門司区の元支配人(55)は、煙突のふたの有無を確認せず漫然とボイラーを稼働した▽ボイラーの保守管理担当の元従業員(62)は、ボイラー内にスポンジ製フィルターを混入させた▽設置業者は排気管をふたがついた煙突につないだ−−とし、これらの複合で事故を引き起こしたとしている。県警によると、元従業員を除き容疑を認めている。【佐野格】

【関連ニュース】
ホテルCO中毒死:業者らを書類送検へ…山口県警
CO中毒:父子が死亡 車内で練炭使い焼き肉?名神PAで
パロマ工業中毒死:元社長ら有罪確定 被害者母「悔しい」
山陽新幹線:作業員がCO中毒 「六甲トンネル」内で
パロマ工業中毒死:元社長ら控訴せず 有罪確定へ

転居費詐取容疑、自称NPO代表逮捕へ(読売新聞)
菅首相 米大統領と電話協議 普天間、日米合意履行で一致(毎日新聞)
アートコーポレーション会長、少女わいせつ容疑(読売新聞)
運転士がトイレで離席、回送列車40m動く(読売新聞)
老朽水道管 大阪29%…全国平均の5倍 事故も相次ぐ(毎日新聞)
[PR]
# by qtm6nrxqq2 | 2010-06-07 23:44


看護師国試合格のインドネシア人が都内で報告会(医療介護CBニュース)

 国際厚生事業団は5月22日、日本との経済連携協定(EPA)に基づいて来日したインドネシア人として、日本の看護師国家試験に初めて合格したリア・アグスティナさんとヤレド・フェブリアン・フェルナンデスさんの合格報告会を東京都内で開いた。合格者本人のほか、2人が働く新潟県三条市の三之町病院の研修担当者が、合格までのサポート体制や苦労話などを紹介し、インドネシア人やフィリピン人の看護師候補者を受け入れている病院の担当者ら約100人が熱心に耳を傾けた。

 リアさんとヤレドさんは2008年8月に来日した1期生で、半年間の日本語研修の後、昨年2月から三之町病院で働き始めた。来日時の日本語レベルは、「こんにちは」や「ありがとうございます」など、簡単なあいさつが分かる程度だったという。

 受け入れに先立ち、同病院では08年12月末、すべての職員を対象にした説明会を開いた。「人前で叱られる習慣がない」「給与の明細書を仲間同士で確認し合う習慣がある」といった日本との文化の違いなどを確認し、事前のサポート体制を整えたという。
 研修を担当する同病院総務課の樋口博一さんは報告会で、「説明会の効果は大きかった」と強調。院内の全職員を集めて実施したため、「当初は上からお叱りも受けたが、EPAを成功させるためには必須条件だった」と振り返った。

 同病院では、ベテランの看護師と事務職員合わせて4人を指導役に置いた。リアさんとヤレドさんは、午前中は看護助手として病棟で働き、午後は日本語の学習や国家試験の過去問題集などに取り組んだ。入浴や食事の介助といった業務中の患者とのかかわり合いを通じ、早口の言葉や方言を習得していった。
 イスラム教徒であるリアさんへの対応について、樋口さんは「昼と午後4時ごろに15分ぐらい時間を取り、そのための簡単な水場を提供した」と説明。ラマダン(断食月)中も、勤務スケジュールは通常通りだったという。

 病院側が神経を使ったのは、モチベーションの維持やホームシックへの対策だ。同病院では、職員が休日にショッピングや食事に連れて行ったり、登山や旅行を企画したりするなど、2人を家族のように扱った。毎週月曜には剣道、木曜にはバレーボールと、スポーツで汗を流す機会もつくった。リアさんとヤレドさんは、「(職員が)自分の子どもみたいに接してくれた」と口をそろえ、病院側の手厚いサポートが合格につながったと強調した。

■漢字対策、「1番いい方法は過去問題をやること」

 最も困難な漢字への対策について、リアさんは、常に単語カードを携帯し、分からない言葉は紙に書いてトイレに張るなど工夫して覚えたという。その上で、「1番いい勉強方法は、とにかく過去問題をやること。最初は読めなくても、やっていくうちに慣れてくる」と、会場の看護師候補者にアドバイスした。
 一方のヤレドさんは、漢字をノートに何度も書いて覚えたり、試験問題によく出る漢字をピックアップしたりしたという。「例えば、脳の単語は脳の病気というように頭で連想するようにした」と勉強方法を明かした。

■看護師候補者の滞在期間、5年に延長を

 樋口さんは、受け入れから合格までを振り返り、同病院の准看護師6人が一緒に国試を受験(全員合格)したことなど、さまざまな要因が「相乗効果を生んだ」と強調。EPA制度については、「初めから100パーセント出来のよい制度はない」とした上で、看護師候補者の合格率を上げるためには、現在3年の滞在期間を5年に延長し、学習の環境を整備すべきだと提言した。


【関連記事】
EPA初、外国人看護師候補者3人が国試合格
EPA初の国試合格、「本格的サポートが必要」―日看協・小川常任理事
外国人看護師候補者の受け入れ理由、「将来のテストケース」が8割超
外国人介護士候補者の滞在期間「もう少し長く」―仙谷担当相
EPAに基づく事業そのものに「懸念」−省内仕分け

<南アW杯>警備に4万人、でも効果未知数 開幕まで17日(毎日新聞)
本当にできる?全頭出荷…矛盾だらけの国の対策(読売新聞)
結婚詐欺容疑、41歳男逮捕=投資名目で3000万円―京都府警(時事通信)
連立維持へ社民説得=鳩山首相(時事通信)
普天間移設政府方針 「辺野古」明記せず(産経新聞)
[PR]
# by qtm6nrxqq2 | 2010-05-29 01:07


<木村拓哉>和テイストの家具をスカウト 「月の恋人」で“共演”(毎日新聞)

 鳥取県東部の家具と和紙のメーカー12社でつくる「トットリプロダクツ協議会」が手がけた家具7点がテレビドラマ「月の恋人」にスカウトされた。主演の木村拓哉さんと“共演”する。24日放送の第3話からオフィスにソファや棚、照明器具などが登場するという。木村さん自ら、会の製品を紹介するホームページ「ガラン」を見て家具をチョイスしたという。

 メジャーデビューした家具はどれもモダンな和テイスト。首都圏で暮らす30代、40代の女性の感性に向けて「ブナの木」を活用して作られたという。

 会は県内の地場産業の融合と連携を目的に12社が昨年1月に結成。会のプロデューサー、白岡彪さん(69)は「鳥取は松葉がにやホルそばといった食だけではない。智頭の杉や青谷の和紙といった素晴らしい素材とそれを支えるモノづくりの伝統がある。作品を通して鳥取の評価が見直されればうれしい」と話している。

 ドラマはインテリアメーカーのオーナーを演じる木村さんと3人の女性をめぐるラブストーリー。木村さんの琴線に触れただけにデザインは本物。あとは“鳥取発インテリア”であることをどう周知させるかがカギになりそうだ。【加藤結花】

【関連ニュース】
「月の恋人」:主演はキムタク「思いっきり恋愛します」
久保田利伸:キムタク主演月9ドラマ主題歌が、自身初の着うた配信初日1位に
アイリス:韓国ドラマのロケ誘致バトル 鳥取・平井知事、手応えに自信

介護報酬「特養過払い」新たに佐賀・広島で(読売新聞)
中川議員長男を「みんな」擁立へ(産経新聞)
障害者施設に車突っ込み男女5人けが 大阪(産経新聞)
介護事業者に指導方針を事前通知、全国初―静岡県(医療介護CBニュース)
交際女性に点滴し堕胎 容疑の医師を逮捕 警視庁(産経新聞)
[PR]
# by qtm6nrxqq2 | 2010-05-20 16:57


「首相発言軽すぎる」=普天間未決着なら進退問う−改革・舛添氏(時事通信)

 新党改革の舛添要一代表は6日午後、国会内で記者団に対し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する鳩山由紀夫首相の一連の発言について「軽すぎる」と厳しく批判した。
 首相は昨年の衆院選前に移設先について「最低でも県外」などと発言したが、その後、正式な公約ではなかったと釈明。6日は記者団に「場当たりの発言はしてない」と語った。
 これに関し、舛添氏は「(沖縄県民は)首相になる予定の方の発言だと受け取った。(県民を)裏切ったことになるから非常に責任が重い」と指摘。また、普天間問題が5月末に決着しなかった場合の対応について「首相の進退問題になるだろう。解散して信を問うことも要求せざるを得ない状況になり得る」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
〔グラフィックス〕「第三極」の相関図

死亡装い5400万詐取=容疑で3人逮捕−警視庁(時事通信)
<強盗>1億3500万円入りバッグ奪われる…千葉・木更津(毎日新聞)
がんばれ!義肢ウミガメの悠ちゃん 神戸・須磨水族館(産経新聞)
<亀井金融相>郵政改革法案巡り、岡田外相とバトル(毎日新聞)
「参院選、楽観できぬ」=民主選対委長が首相に報告(時事通信)
[PR]
# by qtm6nrxqq2 | 2010-05-13 04:49

    

薬剤師も厳しい時代になりました。
by qtm6nrxqq2
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧